2013年08月17日

ベルバラっぽい病

原因不明の奇病になった。

7/29の朝、背中・肩・腕に小さい発疹があるのを発見。
痒みもあったので、あせもだと思って特に気にはしなかった。
しかし、翌日以降、発疹は成長し、腰から脚へと勢力を伸ばしていった。
痒みも夜眠れない程に強くなったので、週末に皮膚科を受診した。

診断の結果は、ジベル薔薇色粃糠疹(ジベルばらいろひこうしん)。

初めて聞く病名で焦ったが、珍しい病気ではないらしい。
発症原因は不明だが、他人に感染することもなく、一ヶ月程で自然治癒するとのこと。

アレルギーを抑える内服薬(花粉症の薬と同じだった)と、湿疹用の塗り薬を処方してもらったが、すぐに治る病気でもなく。
半袖シャツから出た腕の見栄えが悪いのと、汗をかくと痒みが増すのとで、せっかくの夏休みは殆ど自宅に引き籠り。
行きたかったイベントへの参加も自粛した。

ピーク時は、全身から血を噴き出して死んでしまう病気だと思われても仕方がないほど発疹が目立ち、鏡を見ては凹んで鬱な毎日を過ごしてきたが、現在は発疹の色が日焼けした肌の色くらいに落ち着いてきたので、ちょっと前向きになってきた。

しかし、APSカップ本大会前に発症しないで本当に良かった。
posted by キモシュン at 14:55| 神奈川 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんな事になっていらっしゃったとは。
お大事になさって下さい。
Posted by 山中 at 2013年08月29日 01:36
>山中さん
どうもありがとうございます。細々と生きています。
涼しくなった頃、また遊びに行けると思います。
Posted by キモシュン at 2013年08月30日 23:39
コメントではありますがお見舞いに来ました。

良くなったらまた一緒に練習しましょう。
Posted by 某APSシューター at 2013年09月10日 20:56
>某APSシューターさん
お見舞い頂きまして、どうもありがとうございます。
関東で公式競技会が開催される頃には良くなっていることを祈ります。
Posted by キモシュン at 2013年09月13日 01:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。